So-net無料ブログ作成
検索選択

尼港事件 [記事]

2014032414391928c.jpg


 尼港事件とは何か。。大正9年にロシア極東のニコライエフスク港で起きた軍人も含めた七百数十人の日本人居留民が、ロシア革命直後の赤軍バルチザンによって惨殺された事件です。

 第一次世界大戦の最中、1917年3月に起きたロシア革命でロマノフ王朝が倒れ、西欧型の近代的ブルジョア資本主義を標榜する政権ができたものの、わずか8ヶ月後の11月にレーニン率いるボルシェビキ政権に取って代わる・・すなわち共産主義国家の誕生である。

 だがあの広いロシアの大地の隅々までソビエト政権が支配することは容易なことでなく、各地に反革命勢力が結集して独自に政権を打ち立て、連体しながらレーニン政権に立ち向かった。

 革命後のロシア領内に取り残されたチェコ軍救出のため日米を主力にイギリスフランスイタリアカナダ中国の軍隊がシベリアに共同出兵した。

 
 ボルシェビキ政権の支配がゆるぎないものになると出兵してきた国々は見切りをつけシベリアから撤退をはじめた。この矢先に起きたのが尼港事件である。

 尼港の街には人口1万2千人ほど、日本人の軍・民併せて八百人ほど。
 共同出兵していたアメリカが単独撤退したため、シベリアの革命軍は一気に勢力を増し攻勢をかけてきた。トリャピーツインの指揮する4千名のバルチザン部隊が尼港を包囲したのは1月末である。この部隊にはロシア人のほか多数の中国人、朝鮮人が含まれていた。

 包囲された状況での戦闘で日本軍が善戦したが、4百人の兵力では4千人敵軍にはかなうはずがない。「日本人の居留民に危害を加えない日本軍に攻撃的態度をとらない。一般市民を財産を保証する」の条件開城受け入れたが、武装解除白軍兵士を片っ端から殺戮しロシア人の資産家の屋敷を襲って殺人・暴行・強盗・強姦のかぎりをつくした。、「つづく」。

コクガン  記事に関係なし。 
IMG_8878.jpg
 
IMG_8894.jpg

IMG_8893.jpg                                                                                    


















nice!(179)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 179

コメント 11

斗夢

知らないことが多いです。
by 斗夢 (2017-02-28 07:42) 

Take-Zee

おはようございます!
65歳になりますがお恥ずかしい話。
尼港事件・・読み方さえ知りませんでした。

by Take-Zee (2017-02-28 09:03) 

mimimomo

おはようございます^^
↑上に同じです。初めて知りました。第二次世界大戦のことで、日本は小さくなるばかりでこう言う話は全然聞こえてこないですから。
学校でも歴史は近現代はほとんど触れずに終わっていました。
勉強させていただきます。
by mimimomo (2017-02-28 09:51) 

kuwachan

日本人がロシアの大陸にも居留していたとは知らなかったです。
当然のことながら事件のこともです。
コクガン、首のところの白い毛がまるで首輪をしているようですね。
by kuwachan (2017-02-28 23:52) 

jane

知らなかったです
by jane (2017-03-01 18:59) 

koh925

無残な事件があったんですね、憤りを感じます
by koh925 (2017-03-02 15:04) 

きまじめさん

尼港、この地名は見たこともまして読み方も知りませんでした。
そんな惨殺事件で日本人が被害にあったなんて・・・
知らない事ばかりです。
by きまじめさん (2017-03-02 23:14) 

kohtyan

尼港事件、聞いたことがありますが、内容は知りませんでした。
樺太、千島列島、シベリア、では痛ましい事件が多くありますね。
by kohtyan (2017-03-03 09:57) 

旅爺さん

一般人が知らない戦時中の悲劇ってかなり多いんでしょうね。
by 旅爺さん (2017-03-03 11:41) 

YOUR-MOM

戦争の記憶はどなたにとっても良いものではありませんね。
語り継ぐ事に意味があり、将来があるのだと思います。
by YOUR-MOM (2017-03-04 11:58) 

asukamama

ご訪問ありがとうございました!
by asukamama (2017-03-27 12:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る