So-net無料ブログ作成

樺太・逢坂 [記事]

7月末には歩兵第125連隊は国境および北部両海岸、その南を第25連隊、第306連隊を米軍上陸を警戒して展開した。

第25連隊は対米陣地構築のため連隊本部、歩兵砲大隊を小沼に置き第1大隊を落合に、第2大隊を西能呂岬(北海道稚内要塞司令官の指揮下)、第3大隊は留多加に置いた。

私達通信中隊は連隊が各地に展開する際、歩兵第25連隊の各大隊に配属、中川曹長小隊長として第3大隊に配属、私達分隊9名はこの町の電話交換業務を行う。

8月15日午後10時頃弾薬を積んだトラック2台に分乗、16日早朝逢坂の連隊本部に到着する。ソ連参戦で第1大隊、連隊本部は13日とか。

(上敷香に残ったのは初年兵と教育班だけでソ連と参戦してから、どうなったか私には分からない)

  地図。
IMG_013.jpg

IMG_012.jpg




  ユリ。
IMG_3444.jpg

IMG_3441.jpg



タグ:ゆり
nice!(180)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 180

コメント 12

mimimomo

おはようございます^^
ソ連の参戦には腹立たしいです。
百合が綺麗ですね~これはゴージャスな百合だけれど何百合かしら。
by mimimomo (2017-07-29 05:46) 

Take-Zee

おはようございます!
樺太の地図。 じっくり拝見しましたよ!
漢字表記・・日本領土だったと改めて感じました。

by Take-Zee (2017-07-29 06:53) 

ソニックマイヅル

おはようございます。赤れんがパークで歴史の勉強をして参ります。
by ソニックマイヅル (2017-07-29 09:28) 

くまら

百合の形も匂いも好きですが
家に飾ると花粉が落ちるのでちょっと苦手^^;
by くまら (2017-07-29 09:53) 

旅爺さん

辛かった戦争の思いでも今は百合の花が少し癒やしてくれてますね。
B29の編隊が攻めてきた時の様子は私も未だに忘れてません。
by 旅爺さん (2017-07-29 09:54) 

hana2017

こんにちは。
満州からの引き揚げ話はよく知られている事ながら・・・樺太からの引揚者の方々の苦労も筆舌に尽くしがたいものであったでしょう。
↑・・・単純に、ヤマユリではないのですか?
by hana2017 (2017-07-29 17:49) 

YOUR-MOM

戦争は末期になるほど悲惨なことが多く起こりますね。

by YOUR-MOM (2017-07-29 20:38) 

lamer

通信隊に所属していた方の話をよく聴きました。
青春を戦争で過ごした人にっとっては戦争の話しかなく悲しかったです。
あの警戒警報や空襲警報のサイレンの音は思い出したくありません。
また忌まわしい恐怖が蘇らないことを祈ります。


by lamer (2017-07-30 16:19) 

SORI

mamiiさん こんばんは
戦争の悲惨な記憶を残している人は少なくなっています。
戦争の記憶を残すことは大切なことだと思います。
by SORI (2017-07-30 19:36) 

笠原嘉

ロシアは嫌いです。やり方が汚いもん。今日(けう)、つくづく
感じました。(私見)
北方領土は取り上げ、北海道も危なかったし。(大戦末期)
ただでさえ広い国土を持っているのに・・・・・
by 笠原嘉 (2017-07-30 21:19) 

Chiho

私の祖母も樺太に住んでいました。
祖母の場合は、終戦後、運良く早くに引き上げてこられたそうですが、やはり怖い体験も色々したそうです。
樺太に関する戦争体験記は少ないと感じています。
貴重な体験記を、ありがとうございます。



by Chiho (2017-07-31 11:17) 

oem

コストと品質を重視し、小ロット輸入でも個人でも新商品の開発と商品の仕入れができます。対応できる分野も様々なので、何かありましたらお気軽にご連絡ください。
by oem (2017-07-31 15:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る