So-net無料ブログ作成

真岡・絶望の逃避行 ②  [記事]

 絶望の逃避行  

  田中俊男著 樺太終戦記録より抜粋しました。 
  前回の続きです。
 重いリュックを担いでみたものの、妻を背負って逃げる場合を考え、諦めると、裏口の防火用バケツそれぞれ頭をかぶりながら、官舎を飛び出すとジャガイモ畑を一気に走った。

 起伏する丘を私達は稜線目指して走った。霧が薄らいで朝の太陽に光る芋の葉の露、紫の白の花、ブスッブスッと弾丸が足下に刺さり、頭上をかすめる。私達が狙撃されているような恐怖、妻は10歩走って「もう、駄目」とあえぎ、5歩走っては倒れる。そのつど私は駆け戻って、叱りつけ、妻の手を引っ張っては走り、朝露に濡れた土に伏せ、また走る。長い時間のように感じたが30分も走ったのであろうか。私達はバケツをかぶった異様な姿で、稜線の陰に体を投げ込むように駆け込んだ。

 そのうちにこの山陰にあちこちから人々が逃げてくる。顔見知りの憲兵もいる。稜線からのぞくと、霧の中で町の数カ所から大きい黒煙が上っている。建物の陰になって埠頭は見えないが、あちこちでアリのように活発に動いている。おびたたしい人、ソ連兵は完全に上陸したのであろう。

 沖合には軍艦らしいものが、白い霧を通してふたつみっつち見える。黒煙はみるみる赤い炎とって天を焦がす。稜線めがけて弾丸は激しい。

 妻をうながして、真岡沢に向かう。山陰から、真岡沢の入り口から、続々町の人たちが逃げてくる。沢に入ったので機銃弾は飛んでこなくなったが、砲声はますます盛んになった。真岡沢から林道に上る決心をして、妻を引っ張るように進み、沢の苗圃の事務所に着いた。管理人はいち早く逃げ出したらしい。勝手知った台所に入ると飯を炊いたばかりの釜が空っぽで放ってある。畳に靴の跡、後から来た避難民が、ごっそり頂戴していったらしい。

 私達は朝飯前だったし、これから先の林道のことを考え、まず食料と飲み水を用意するべく一反風呂敷と米、干し魚を無断借用、裏口に回って、コンコンとあふれるわき水腹一杯飲んで、一升瓶にも詰めた。

 これだけではまだ不安なので、荒縄を持って、鶏小屋に入った。しかし、鶏は騒ぎ立て、逃げ回ってなかなか捕まえることができない。その代わり、産みたての卵が二つ、逃げ出した巣箱にあったので、一つずつご馳走になった。これが2月20日の朝食であった。
 
 苗圃のそばを次々に通っていく避難民の中に、私の係の女子職員がいた。私は転がっている一升瓶に水を入れて持って行くように進めた。事務所を出て暫く行くと、沢の奥の原っぱに数百人の人たちが集まっていた。裸足の男、布団に老人を包んで担いできた中年の男、小さい子供の手を引いて不安そうな表情の婦人、中にリュックやトランクを持った人もいたが、殆どは着の身着のままである。

 「林務の者はいないか」大声で叫んでいる。近づいてみると日影舘支庁長である。私を見ると豊真山道の合流点まで案内せよという。私は妻がこの通り病人なので先頭に立って案内はできないが--といって、支庁長ら主だった人たちに、避難道を詳しく知らせた。

つづく。


 津軽海峡函館湾
 右上の黒く見える山が函館山。
DSC02974.jpg

 函館湾に入ってきました。
DSC02987.jpg

 画面中央の黒い線が見えますが防波堤です。
DSC02989.jpg

DSC02991_1.jpg

 フェリー埠頭
DSC02997.jpg




nice!(183)  コメント(7) 
共通テーマ:blog

nice! 183

コメント 7

mimimomo

おはようございます^^
これが終戦後に起こったことなんですよね。何ともやりきれない気持ちです。
下のお写真はフェリーに乗船されて写されたものなんですね。
by mimimomo (2017-10-15 06:10) 

ゆきゆき

函館山、青函連絡船で故郷に帰る若い頃のことを思い出します。
by ゆきゆき (2017-10-15 11:24) 

アールグレイ

戦争のお話、胸にくるものがあります。
主人の母が、結婚してすぐの頃、お姑さんと避難したりしたことの当時の話を聞きながら、大変な時代だったんだと実感させられました。その母も、もう他界しています。
by アールグレイ (2017-10-15 18:38) 

tarou

お早うございます、江の島(2020東京オリンピック)に
コメントを有難うございます。
陸からセーリングが見れたら良いのにね(^_-)
楽しみです。

海は大好きです、天気が良ければ船を出して
釣りに行きます、函館では遊覧船に、
乗ったことが有ります
by tarou (2017-10-16 08:23) 

くまら

歳を重ねるごとに、船って苦手かも
by くまら (2017-10-16 09:09) 

johncomeback

ご訪問&nice ありがとうございます。
by johncomeback (2017-10-16 14:18) 

kohtyan

終戦後になってから、樺太や千島列島の方たちは、命を奪われたり
たいへんな苦労をされたのですね。
若い人たちに、語り継がなければいけませんね。
by kohtyan (2017-10-18 21:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る