So-net無料ブログ作成

五稜郭公園の桜その1 [花]

4月25日撮影、五稜郭公園の桜です、羅列しました。

もう、散り、葉桜になっているのではないかと思います、

というのも同時に咲く我が家近くの桜は葉桜になっています。


IMG_2270.jpg

IMG_2312.jpg

IMG_2298.jpg

IMG_2299.jpg

IMG_2313.jpg

IMG_2287.jpg

IMG_2317.jpg

IMG_2275.jpg


nice!(127)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

函館山宮ノ森コースその4 [花]

色違いのエゾエンゴサクとヒナスミレです。


 ◆ エゾエンゴサク。 
IMG_0261.jpg

IMG_0262.jpg

IMG_0263.jpg

IMG_2403.jpg

IMG_2453.jpg





 ◆ ヒナスミレ。 (スミレ科スミレ属) 
     葉が三角状で先がとがっている
IMG_2404.jpg

IMG_0260.jpg

nice!(116)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

函館山宮ノ森コースその3 [花]

前記事の続き、函館山宮野ものコースその3です。

板橋が終わると、杉林の中を歩く、このコースの半分ほどの距離に、

白色のエゾエンゴサクが毎年たった1株が咲いているはずなので、今年も咲いたのか見たかった。

あった!!、エゾエンゴサクの群落の中に、もうこの花のそばまで道が付いている。

この先は花もあまり少なくなっていくので引き返すことにした。


 ◆ エンレイソウ。 (ユリ科エンレイソウ属) 
IMG_2439.jpg

IMG_0270.jpg




 ◆ キバナノアマナ。 (ユリ科キバナノアマナ属) 
IMG_0267.jpg

IMG_0282.jpg




 ◆ ニリンソウ。 (キンポウゲ科イチリンソウ属) 
IMG_2422.jpg

     ニリンソウとエゾエンゴサク。
IMG_2414.jpg




 ◆ コジマエンレイソウ。 (ユリ科エンレイソウ属) 
IMG_2462.jpg

IMG_2464.jpg



 ◆ キクザキイチゲ。 (キンポウゲ科イチリンソウ属) 
IMG_2406.jpg




 ◆ ニリンソウ、キバナノアマナ、エゾエンゴサク。 
IMG_2419.jpg



 ◆ エゾエンゴサク。  (ケシ科キケマン属) 
IMG_2410.jpg

     白色のエゾエンゴサク。
IMG_2452.jpg




 ◆ ミドリニリンソウ。 (キンポウゲ科イチリンソウ属) 
      撮影失敗で花弁が完全に開いていません。蕊が固まっている。
      ニリンソウの中に突然変異で出来たもので初めて札幌・藻岩で発見されたそうです。
IMG_0280.jpg

nice!(117)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

函館山登山口から宮ノ森コースその2 [花]

函館山管理事務所の広場で休憩して宮ノ森コースに向かう。

このコースは立待岬から市内に入る一方通行の帰路に接続されて、約1200mあります。

さて、御殿山展望台に向かう自動車道を横断していこいの広場を過ぎるとコースの入り口になります。


 ◆ 写真のような急な山肌に造った板橋を100m以上も続き、その後は杉林の中を歩きます。 
IMG_2423.jpg

IMG_2424.jpg

IMG_2428.jpg



その山肌に咲いていた花です。

 ◆ ヤマネコノメソウ。 (ユキノシタ科ネコノメソウ属) 
    山に生育するネコノメソウ。
IMG_0272.jpg



 ◆ ヒトリシズカ。 (センリョウ科チャラン属) 
     白い花のように見える部分がおしべの集まりです。
IMG_2467.jpg

IMG_2468.jpg




 ◆ キジムシロ。 (バラ科キジムシロ属) 
     キジの座るむしろのように座布団状に綺麗に広がることからこの名が付いた。
IMG_2466.jpg

IMG_2427.jpg




 ◆ スミレサイシン。 (スミレ科スミレ属) 
IMG_2429.jpg

IMG_0275.jpg



我が家のヒトリシズカ。
     決して山から盗掘したものではありません。
IMG_2243.jpg

IMG_0300.jpg

nice!(114)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

函館山登山口から宮ノ森コースその1 [花]

今年は函館山に登るか自信が無かったので、登山口まで行って見た。

例年とあまり体調に変化がなかったので、「宮ノ森コース」を途中まで行って引き返す。

バスを降りて200mほど行くと護国神社の坂道にかかる。

この坂道は500mほどありますが、途中の家の ①椿や ②ツルニチニチソウなどを撮る。

後の半分は ③写真のような傾斜だ。この写真は道路のロードヒーターに使われる高圧受電設備だ。

その後100mもないが傾斜の少ないロープウェイに行く道を歩き、

いよいよまた傾斜のある登山口へ行く道を500mほど歩く。


 ◆ ①ツバキ。 (ツバキ科ツバキ属) 
IMG_2387.jpg

IMG_2388.jpg




 ◆ ②ツルニチニチソウ。 (キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属) 
IMG_2390.jpg




 ◆ レンギョウ。 (モクセイ科レンギョウ属) 
IMG_2469.jpg




 ◆ ③このような道路の傾斜。 
IMG_2394.jpg




登山口の函館山管理所の広場に咲いていた八重ののスイセンとカタクリ。

 ◆ スイセン(八重)。 (ヒガンバナ科スイセン属) 
IMG_2397.jpg

IMG_2396.jpg




 ◆ カタクリ。 (ユリ科カタクリ属) 
IMG_2395.jpg

IMG_0258.jpg

IMG_0256.jpg




nice!(116)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ムスカリとプリムラ [花]

昨日は函館山に登れるか最近自信がなくなってきたので、登山口まで上ってきました。

ついでに宮ノ森コース一回り、エゾエンゴサクほかを撮ってきました。

今日はムスカリとプリムラです。


 ◆ ムスカリ。 (ユリ科ムスカリ属) 
IMG_0249.jpg

IMG_0251.jpg

IMG_0234.jpg

IMG_0239.jpg

IMG_0245.jpg




 ◆ プリムラ・デンティクラタ。(サクラソウ科サクラソウ属) 
IMG_0241_1.jpg

IMG_0248.jpg




nice!(107)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大沼公園(一羽の青鷺と猛禽) [鳥]

前記事の続き3回、小沼湖畔近くで青鷺を発見、近づきすぎて逃げられ、近くの木の上に止まった。

そこに飛んできたのは猛禽類多分、オジロワシではないかと思うが、鳥には無知の私には分かりません。

喧嘩をするわけでもなく、暫く止まっていたが、青鷺が飛んでいく。

IMG_2351.jpg

IMG_2360.jpg

IMG_2359.jpg

IMG_2355.jpg

IMG_2353.jpg




鉄道の鉄橋脇でカラス4、5羽と猛禽類1羽とじゃれ合っていたが私の気配で猛禽類が逃げ去った。

IMG_2349.jpg

IMG_2350.jpg




その猛禽の失敗写真。

IMG_2369.jpg




活火山駒ヶ岳の頂上。未だ登山は途中まで。

IMG_2347.jpg

タグ:アオサギ
nice!(121)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大沼公園(ナニワズとミズバショウ) [花]

前記事の続き大沼公園から2回目。ナニワズとミズバショウです。

ナニワズには雄株と雌株があるそうですが、両方に花が付くので私にはよく分かりません。

ミズバショウは小沼湖畔と大沼湖畔に群落がありますが大沼湖畔の群落は小沼湖畔より大きく見事です。

大沼湖畔のミズバショウのあるところが遠ので小沼湖畔に行きましたが一寸早かったようです。



 ◆ ナニワズ。 (チンチョウゲ科チンチョウゲ属) 
  50センチほどの低木で夏に落葉するので「ナツボウズ」、オニシバリなどと別名が付いている。
IMG_2224.jpg

IMG_2223.jpg

IMG_2225.jpg




 ◆ ミズバショウ。 (サトイモ科ミズバショウ属) 
   別名:ヘビノマクラ。
IMG_2227.jpg

IMG_2226.jpg

IMG_2232.jpg




 ◆ 大沼公園駅。 
  小さな駅で手前の大沼駅で線路が池田園駅と分かれて単線でホームは一つの駅です。
IMG_2385.jpg




 ◆ 小沼湖。 
IMG_2221.jpg




 ◆ 大沼湖側から小沼湖側にかかる周遊道路の橋と鉄道の鉄橋を越えようとしているボート。 
IMG_2189.jpg

nice!(116)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大沼公園(アズマイチゲ) [花]

久しぶりに列車に乗った。新幹線が開通すると、函館と新函館北斗駅の間に電車が走ることになっている。

その電化のトロリー線が五稜郭駅と七飯駅の間に張られていた。

また、札幌に伸びる新幹線のトンネルも掘っているのが見えた。

話が変わって今日はミズバショウとアズマイチゲの花を撮る目的で大沼公園に来た。

ミズバショウの群落のある場所は遠いので、毎年行く場所で撮ったが次回にして、

今日はアズマイチゲをあげた。15m四方に広がって咲いているアズマイチゲの群落も見事だ。


 ◆ トンネルを抜けると小沼の先に見えるのが駒ヶ岳。 
  車窓から撮った。
IMG_2174.jpg



 ◆ アズマイチゲ。 (キンポウゲ科イチリンソウ属) 
    キクザキイチゲとよく似ているが、この花の下葉が花が咲くと下向きに下がってしまう。
    ずらりと並べました。
IMG_2215.jpg

IMG_2199.jpg

IMG_2212.jpg

IMG_2201.jpg

IMG_2211.jpg

IMG_2207.jpg

IMG_2205.jpg

IMG_2208.jpg


nice!(128)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

オキナグサ・・・・・・ [花]

先日地元の高校生5人が函館山に登ったまでは良かったが

海峡側に降りたが戻ってこれなくなって、

巡視船が出動してボートに収容、ようやく帰ってきたとか、新聞に出ていました。

若者だから冒険をしたかったのだろうが、若気の至りの無茶でしかなかった。

殆ど道もないし、「まむし」が出る時期だったら・・・身の危険もあったかも。


今日も我が家の花です。月曜日13日は大沼公園に行く予定をしています。


 ◆ オキナグサ。 (キンポウゲ科オキナグサ属) 
IMG_0234.jpg

IMG_0230.jpg




 ◆ スイセン。 (ヒガンバナ科スイセン属) 
IMG_0236.jpg

IMG_0231.jpg




 ◆ ヒアシンス。 (ユリ科ヒアシンス属) 
IMG_0238.jpg




 ◆ プリムラ。 (サクラソウ科プリムラ属) 
IMG_0239.jpg

IMG_0170.jpg


nice!(114)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エゾムラサキツツジ・・・・・ [花]

早いものですね、今年も、もう4月10日、桜より先にエゾムラサキツツジが咲いてきました。

先日、so-netより「so-net光コラボレーション」にコース変更してと、

メールや「はがき」、電話などで宣伝され、やむを得ずコース変更しました。

コースを変更しても別段速さなど変わったようにも思いませんが。


 ◆ エゾムラサキツツジ。 (ツツジ科ツツジ属) 
IMG_0227.jpg

IMG_0229.jpg



 ◆ ヒメオドリコソウ。 (シソ科オドリコソウ属) 
IMG_2268.jpg

IMG_0161.jpg



 ◆ タネツケバナ。 (アブラナ科タネツケバナ属) 
    下の写真の細い茎のようなのが花が終わって種が出来つつある。
IMG_0224.jpg

IMG_0225.jpg

IMG_0223.jpg



 ◆ オオイヌノフグリ。 (ゴマノハグサ科クワガタソウ属) 
IMG_2269.jpg

IMG_0154.jpg

nice!(113)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ミニスイセン・・・・・・ [花]

一寸した思いつきでサハリン州の地図を見てしまった。

サハリンといえば、生まれ故郷。詳しくは栄浜村(スタロドゥブスコエ)。漁業と農業の小さな村。

そして、当時のソ連と戦って捕虜となった島だ。

当時は樺太庁鉄道の東側の終点、隣町落合町(トリンスク)の製紙工場から、

パルプ(紙の半製品)が列車で運ばれ、船積みされていた。

その村にもGoogleのストリートビューが2013年6月に走っていた。

線路が外され、我が家もなく、昔の面影が残っていないのに驚かされた。


今日も我が家の花、ミニスイセンが咲いてきました。


 ◆ ミニスイセン。 (ヒガンバナ科スイセン属) 
    別名:ティラテート。
    下の花は花弁が反り返って咲く。
IMG_0222.jpg

IMG_0212.jpg


IMG_0230.jpg

IMG_0215.jpg




 ◆ ムスカリ。 (ユリ科ムスカリ属) 
  どこから来たのか小さい・・・・
IMG_2171.jpg




 ◆ オキザリス。 (カタバミ科オキザリス属) 
   鉢植えです。
IMG_0218.jpg

IMG_0216.jpg

nice!(109)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

チオノドクサとダブルプリムローズ [花]

函館市の人口は3月にとうとう、27万切ってしまいました。

このままでは函館市がなくなってしまうのでないかと新聞に載っていたのを思い出しました。

考えてみれば、わたしがここに(亀田町)に引っ越してきた時は函館市の人口はまだ少なかったのですが、

3年ほど立って亀田町は亀田市(5万強)になって、函館市と合併し、ようやく30万都市になりました。

しかし、函館市の人口はまた、隣町の上磯町(現北斗市)や七飯町に流れ、

平成の大合併で3町1村と合併してようやく30万を超えたが、また毎年人口が減りつつあります。

実際に当時は亀田市と函館市の街は繋がっていましたし、

現在、七飯町、北斗市も函館市と街は繋がっています。


 ◆ チオノドクサ。 (ユリ科チオノドクサ属) 
IMG_2168.jpg

IMG_0200.jpg

IMG_2167.jpg

IMG_0201.jpg



 ◆ ダブルプリムローズ。 (サクラソウ科サクラソウ属) 
     プリムラの改良品種、八重のプリムラジュリアン。
IMG_0196.jpg

IMG_0197.jpg



nice!(117)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

クリスマスローズとキバナノアマナ [花]

一昨日夕方から昨日正午まで雨が降った、予報では強風だったが、

風がなくて良かった。完全に雨が上がったのは午後4時頃でした。

2回に分けて我が家の花です。


 ◆ クリスマスローズ。 (キンポウゲ科クリスマスローズ属) 
     青い葉をつけてそのまま雪の中で越冬します。
IMG_0185.jpg

IMG_0209.jpg

IMG_0221.jpg

IMG_0186.jpg

IMG_0190.jpg




 ◆ キバナノアマナ。 (ユリ科キバナノアマナ属) 
    山野に生育する花で、茎の上部に花柄を何本か出てその先に一つずつ花が付く。
IMG_0202.jpg

IMG_0203.jpg


nice!(119)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

船溜まり、駅前 [建造物]

前記事の続き、船溜まりところで湾岸道路を降りて駅に向かいました。

列車基地は4mほどの高さの塀で目隠しされています。

塀の途中に入り口が開いていましたのでちょっと覗いてみました、

新青森に行く特急列車が2編成、出番の来るのを待っているかのようでした。

(予備の列車かな)


 ◆ 湾岸道路からみたいか吊り漁船の一部。 
IMG_2307.jpg



 ◆ ここにも、海保の巡視艇「すずらん」が。 
IMG_2304.jpg



 ◆ 船溜まり係留されていた北海道教育庁の練習船「若竹丸」。 
     北海道の水産高校の練習船です。
IMG_2321.jpg



 ◆ 台船に上にたむろしていたオオセグロカモメ。 
IMG_2323.jpg



 ◆ 空飛ぶオオセグロカモメ。 
    300ミリのレンズより持っていなかったので、ようやく撮りました。
IMG_2312.jpg

IMG_2326.jpg



 ◆ 列車基地をちょっと覗いてみました。 
IMG_2320.jpg




 ◆ 駅前の広場はバス停になっています。 
IMG_2329.jpg

IMG_2330.jpg

以上万代町から函館駅まで8000-歩強歩きました。

nice!(121)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る