So-net無料ブログ作成

捕虜となる [体験記]

ソ連の捕虜となる。


 8月23日とうとう、ソ連の捕虜となった。24日午後に豊原に連行されるが途中で夜になり、野宿となった。25日昼近くに師範学校寄宿舎に到着、この建物に収用された。

 賄いを日本人がやってくれたので助かりました。何日いたのか記憶がない、たぶん1週間ほどでなかったと思います。ここから逃亡するには賄いの人にお願いして私服を用意してもらうと、ここから脱走することができます。私の知人というより会社の同期が実行しました。最近なくなったのではないかと心配しています。

 この寄宿舎を出て豊原駅に、真岡に戻るという話で、無蓋貨車に乗せられ機関車二重連で引っ張りましたが、途中でこの山を登り切れず、豊原駅に逆戻りとなり、ここで又貨車の中で野宿です。
今度は前と後ろに機関車を連結して出発し、なんとか登りきり、途中の駅で機関士が今度は「トンネルの中で列車を止めたり動かしたりするので逃げたい人は逃げてください」と叫んで歩いていました。実際3名逃げたそうです。

 逢坂を過ぎて樺太西線の手井駅に到着、手井の国民学校ともう一カ所に(場所不明)2カ所に泊まる事になりました。


 ◆ シュウメイギク。
IMG_3497.jpg

IMG_3498.jpg

IMG_3499.jpg

IMG_3500.jpg




 ◆ テンニンギク。
IMG_3513.jpg

 
nice!(190)  コメント(13) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る