So-net無料ブログ作成
検索選択

巡視船「かむい」 [船]

13.14日と雪が降り見渡す限り真っ白になりました。一気に根雪か・・・今日夕方から雨の予報。

今日は海上保安庁第1海上保安本部函館海上保安部江差保安署所属「かむい」です。

総トン数:195トン。 船質:軽合金。 全長:46m。
主機:ディーゼル3基2軸ウオータージェット1基。 出力:9400㏋。 速力: 35ノット=65Km/h。
兵装:目標追尾型遠隔操作20mm多銃機関砲1基。
IMG_4644.jpg

IMG_4645.jpg

IMG_4656.jpg


 海底ボーリングボーリング船。
IMG_4665.jpg


都合により次回は不定期です。

nice!(135)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

函館港 Ⅰ [船]

2日午後に函館駅前の花壇の花を撮りに行ってきました。ついでに、波止場に出て船を撮りその一部をここにアップしました。

本当は函館山から撮ると港のどこになんの船がいるか分かるのですが、今日は駅裏波止場からです。


西埠頭には北海道漁業取締船と巡視船が係留されていました。漁業取締船は北海道には4隻あります。
北海道漁業取締船「海王丸」
定係港:函館港。306トン、17ノット=31.5Km/h。
IMG_9687.jpg



巡視船「おくしり」
5000HPX3、ウオータージェット3基。35ノット=64Km/h。遠隔操作20mm多銃身機関砲1基。
IMG_9688.jpg



船溜りには漁船や色んな船が係留しています。
北海道教育委員会教育庁「若竹丸」
若竹丸と北鳳丸2隻あり、北海道の水産高校の実習船です。定係港:函館港。
IMG_9686.jpg



巡視艇「ゆきぐも」
2012年6月竣工の新しい船です。
5200HPX2、ウオータージェット2基。36ノット=66Km/h。遠隔操作12,7mm多銃身機関銃1基。
IMG_9695.jpg

IMG_9713.jpg




旧青函連絡船「摩周丸」
IMG_9707.jpg




中央埠頭のど真ん中にある「港湾合同庁舎」
税関、海上保安部など海事に関係のある官庁など。
IMG_9701.jpg


nice!(102)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

セレブリティ・ミレニアム号 [船]

久しぶりに豪華客船セレブリティ・ミレニアム号を載せました。

12日午前9時に函館港、港町埠頭に入港しました。大きいですね、全長294メートル、トン数が91,000トン、旅客定員、2,034名だそうです。
午後7時に出港しました。
DSC00494.jpg

DSC00531.jpg

DSC00544.jpg

DSC00560.jpg







ついでに、先月26日に横浜港ベイブリッチを通過するダイヤモンドプリンセス号です。
この船は日本造船史上最大の客船、三菱重工長崎造船所建造されました。
全長290メートル、トン数、116,000トン、乗客定員、2,670名、建造、2004年。
DSC00483.jpg

DSC00458.jpg

IMG_3874.jpg

IMG_3898.jpg

IMG_3922.jpg

nice!(107)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

クイーン・エリザベス号 [船]

16日夜、クイーンエリザベス号(総トン数90,900トン定員2,068名)がベイブリッジを通過し、横浜大桟橋国際客船ターミナルに入港したが、その写真が息子から送られてきたので、今日はその写真をアップした。
ベイブリッチ通過は干潮の時ようやく通過できたそうだ。

IMG_3592.jpg

IMG_1761.jpg

IMG_1860.jpg

IMG_3759.jpg

IMG_3742.jpg

DSC00237.jpg

DSC00239.jpg

DSC00269.jpg

DSC00274.jpg

nice!(97)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

少年北海丸 [船]

全国の刑務所で船を持っている刑務所があります。その場所は函館少年刑務所。

函館少年刑務所は、全国の刑務所から受刑者を選抜し、職業訓練を行っているのだそうだ。
 (自動車整備、溶接など13種目で100人が訓練)

ここには全国で唯一船乗りになるための職業訓練を受ける「船舶職員科」があり、10人の受刑者が訓練を受けている。

訓練の期間は1年。 目標は大型船舶も操縦可能な「5級海技士免許」の取得である。

港での訓練開始から始まり、青森への航海実習、函館山沖合の漁業(イカ釣り)実習(氷詰めのイカは魚市場に卸され その収入は国庫に入る)、

受刑者たちは刑務所と船との間を往復し、毎日訓練を行うのである。塀の外に出すのは極めて異例の扱いだという。

こうした訓練を経て、5級海技士の国家試験を 受けることが出来るのだ。(函館少年刑務所にて実施)

手に職をつけることで再犯防止につながっていく。  出所後の社会復帰の手がかりにもなる。

その船を紹介する。
IMG_0245.jpg

IMG_1577.jpg

IMG_1578.jpg

今、受刑者が下船するところです。
IMG_9168.jpg

車が横付け、看守が見守っています。腰には拳銃らしきものが見えます。
IMG_9169_1.jpg


タグ:少年北海丸
nice!(87)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

横浜港 [船]

◆ ロイヤルウイングとパシフック・ビイナス
P8160117.jpg


◆ ロイヤルウイング。
IMG_1115.jpg


◆ パシフック・ビィナス。
P8160106.jpg



◆ 捕虜となって Ⅱ
前記事の続き、逃亡した兵士らの消息は不明だが、軍服を脱ぎ、一般人の服装になると、もう安心だが・・・
宿泊した学校の寄宿舎で出会った友人は、一般人の服装で逃げたので私が復員後、元会社の懇親会で会うことができた。

連隊本部のあった村の逢坂駅を通過、次の二股駅あたりから下っていくようになるが次の宝台駅からループ線になって一気に下る。
ここでは第3大隊がトンネルから出るとすぐ鉄橋、その山の上からソ連兵の銃弾が飛んできて相当の戦死者が出たところだ。

樺太西線の手井駅に到着、この部落の小学校などで4日ほど分散宿泊、食事は部落の方が作ってくれた。毎日真岡市街の焼け跡整理。

港を歩けば、ソ連兵の死体が海に10体ほど水ぶくれになって浮かんでいた、もう9月に入っているのに誰も手を出すものもいないのだろうか。

最後は真岡港の倉庫に集合させられ、2500~3000トンほどの貨物船の船底に押し込められ、正午近くに真岡港を出港するが噂では北海道に行くと・・・・

しかし、その夜に到着した港はソ連沿海州「ワニノ」の港であった。船の中で1泊。ちょうど、樺太の恵須取町の街の向かい側である。
nice!(89)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ナッチャンrera・・・・・・ [船]

一昨日は1日中吹雪でした。登別の方では今なお停電が続いているようです。
運良くこちらは停電はなかったが湿った風雪、昨日夜になって雨が降り出しました。

さて、今日は2007年に青森と函館間に就航したアルミ合金製のウォータージェット推進双胴船フェリー(1万トン、時速70キロ)ナッチャンreraが10月末頃台湾の運送会社に売られていったそうたです。

ナッチャンwarldも買い手を探しているそうです。2隻で150億円だっとか、半値でナッチャンreraが売られたそうです。

両船とも重油の高騰で採算があわず1年で撤退、夏場に1ヶ月ほど運航していたようです。
ナッチャンとは船体に描かれたイラストを描いた小学生の名前、reraはアイヌ語で「風」ということだそうです。

その姿をアップしましたが下の写真は造船所から出て埠頭に係留されている姿です。
IMG_2752.jpg

IMG_2933.jpg


11月24日、カモメを撮った後、駅の後ろ側の埠頭から撮った、船溜まりの岸壁に係留していた水産庁漁業取締船「かなざわ」と造船所に係留していた、海上自衛隊護衛艦「DD156せとぎり」です。

水産庁の漁業取り締まりを目的にとして6隻を保有、あとは傭船で全部で32隻あるそうです。船籍は金沢
護衛艦「せとぎり」は第3護衛隊群第7護衛隊(大湊)。
IMG_4028.jpg

IMG_4029.jpg


◆ 次回は明日30日金曜日です。

nice!(81)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

砕氷艦「しらせ」 その3 [船]

昨日は久しぶりに晴れたが最高28度とかいうが蒸してひどかったです。

前記事の続き、砕氷艦「しらせ」とその他です。


◆ ヘリコプター格納庫内でいろいろな展示をやっていました。 IMG_6629.jpg

南極の氷。 IMG_6631.jpg

展示物の一部。 IMG_6634.jpg

IMG_6633.jpg

IMG_6635.jpg


◆ 北斗市の市街とセメンと工場。 IMG_6641.jpg


◆ 湾内に停泊している貨物船。 IMG_6684.jpg


◆ 港町埠頭から見た函館山。 IMG_6645.jpg


◆ 函館港の入り口(防波堤)。 IMG_6637.jpg


◆ 「しらせ」の前に係留されていた韓国籍のコンテナ船。

   帰りに見たらコンテナの積み卸しをやっていました。
IMG_6676.jpg


◆ 次回は明日14日です。

nice!(83)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

砕氷艦「しらせ」 その2 [船]

こちらは一雨毎に秋が感じられるようになりました。

昨日に続き、砕氷艦「しらせ」艦橋からです。
◆ 艦橋内部。
  先月のイージス艦「きりしま」の艦橋と違って中は倍以上も広いです。
IMG_6648.jpg

  やはり左側には副館長の椅子がありました。
IMG_6647.jpg

  自衛隊の船だけあって喇叭が壁に掛かっていました。
IMG_6651.jpg

  レーダーのモニターはたくさんありましたが、そのうちの2台
IMG_6653.jpg

IMG_6659.jpg

  操舵席。
IMG_6657.jpg

  海図室。
IMG_6658.jpg

  艦長席。やはり一番右側にありました。
IMG_6661.jpg

  艦橋から見た艦首。
IMG_6662.jpg

  食堂兼談話室。甲板の上にありました。
IMG_6664.jpg

◆ 次回は13日です。

nice!(100)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

砕氷艦「しらせ」 [船]

8日に砕氷艦「しらせ」Ⅱを見学に行ってきました。

「しらせ」Ⅱは平成21年5月から第51次南極越冬隊を乗せて就役しています。
砕氷艦「しらせ」-1.jpg


◆ 諸 元。
1000-3.jpg


◆ 砕氷の仕組み。
1000-2.jpg
1 連続砕氷。
 氷厚約1.5メートルまでの氷は、強力な推進力で連続的に砕氷して前進します。

2 チャージング(ラミング)砕氷。
 氷厚約1.5メートル以上の氷は、一旦艦を200~300メートル後退させ、最大馬力で前進し、氷に乗り上げ、艦の自重で氷を砕きます。




◆ 正面から。
下の写真から艦の全面に穴が沢山開いています、ここから、融雪用散水装置をを使って砕氷航行する。
IMG_6675.jpg

IMG_6678.jpg

IMG_6677.jpg


◆ 後ろから。
   大型ヘリコプター2機搭載している。
IMG_6668.jpg


◆ コンテナ搭載する場所。
   写真の真ん中骨組みでできている場所にコンテナを積み込む。
IMG_6674.jpg

◆ 次回は明日11日火曜日です。

nice!(81)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る